« クコのみろ。 | トップページ | 微妙にみろのたんじょび。 »

10月 24, 2006

みろのプレおたんじょび。

 みろさんは、今度の28日で1歳になります。
 今日会った妹タンが、みろさんにお祝いのお菓子を下さいました。
 小動物用のマシュマロと寒天ゼリーです。

Otanoyatu
↑全部合わせるとみろさん1匹分くらいになりそう。

 ロボには大きいよなぁと思いつつ、せっかくなのでかぶりつきにしてみました。
 たんとお食べ(写真撮影の間だけ)!

Oyastumiro
↑じかんせいげんあるたべほうだいななのですよ!

 大きさはこんなもの。
 妹タン、ありがとう!

 時間制限食べ放題なみろさんムービー。


---

 さて人間の方も、食べ放題に行ってきました。
 明治記念館で月1回行われている、ラウンジ「キンケイ」のデザートビュッフェです。
 もっと季節物があるかと思っていたけど、普通だったなぁ。アジアご飯はテーマだろうか。

Byffet
↑ご飯物とプリン。プリンは美味でしたー。

Cakes
↑ケーキ。真ん中のホワイトクーヘンは気に入った。

 マロンムースのケーキはありましたね。あれマロンムースだっけ?

|

« クコのみろ。 | トップページ | 微妙にみろのたんじょび。 »

コメント

おー、みろさん必死ですな(^-^)
これがゴールデンだったら、3口くらいで全部頬袋行き
になるのでしょう(^^;)
みろさんのもぐもぐは可愛いなぁ。

投稿: こずえ | 10月 24, 2006 02:01

おわー!小動物用マシュマロ!
贅沢だなぁ~。
よかったねー、みろたん。
ふかふかみろたんがふかふかましまろに
かぶりつきの画は可愛いですねぇv

投稿: 範子 | 10月 24, 2006 07:22

かぶりついたようでよかったです!!(笑)。じゃむまではまだまだ遠そうですね。がんばって完食してくださいませ。人間の方の食べ放題も、また、誘ってください!ホワイトクーヘン食べなかった...残念...。

投稿: 義妹 | 10月 24, 2006 09:02

こずえさん>
一生懸命頬張っているように見えるんですが、かじり口はちょっぴりなんですよねー。もぐもぐもぐもぐ……癒されます。
よく見ていると、それでも頬袋に送り込んでいるようです。

範子さん>
これでまた体重もふかふかに……(汗)
ぜいたくに丸々1コ……だったのですが、撮影終了後取り上げられてしまったのでした。

妹タン>
どうもありがとうございましたー!
これだけかじっても、ジャムまでは達しなかったんですよねー。もうすぐって感はありましたが。
ところで、あのジャム、真っ青でびっくりです(笑)ブリーベリー味なのかな。
そういえば、パリブレストもモンブランのようなクリームが載っていたかも。あれも栗味だったのだろうか。

投稿: のっぴょぴょ | 10月 24, 2006 09:48

ジャムは、ブルーベリーと、うまくいけばもう一個はきいろでパパイヤらしいです。でも、前回は黄色はパイナップルだったような...?あれ?という感じですが。ジャムまでがんばれ!!ジャムが手についてあわあわするみろたんを想像してひとりにやけております。あと、寒天で、てがべたべたになるところとか..。動画おまちしています!!(笑)。

ああ。パリブレストもおなかいっぱいで食べてないんです。ちょっと悲しい。チーズケーキもチョコケーキもたべられなかったです..。(涙)。

投稿: 義妹 | 10月 24, 2006 11:37

みろたんの顔くらいあるマシュマロですね!
もしかしてジャム入りなのですか?
おいしそうです&みろさん驚きそうで可愛い!
人間の食べ放題もおいしそうですー

投稿: ハタハタ | 10月 24, 2006 14:35

妹タン>
なんと。黄色いのもありですか。
もうひとつのがそれだったらいいなぁ。
今日はジャムまでたどり着きましたが、うっかりじゃ無の上に手を突いてしまい、ずっとキレイに舐めまくっていました。

キンケイはまたリベンジに行きますよー!

ハタハタさん>
みろさんと比べると大きいですねー。
中には、人間様が食べる様なジャムが入っています。(べとべとなやつ(笑))
でもみろさんはちみちみ食べるので、なかなか中まで届かないのでした。
人間様のケーキも大変おいしかったです!

投稿: のっぴょぴょ | 10月 25, 2006 01:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25965/12398579

この記事へのトラックバック一覧です: みろのプレおたんじょび。:

« クコのみろ。 | トップページ | 微妙にみろのたんじょび。 »